昼間のキャバクラ

風車を持つ女性

昼キャバは昼間に営業をしているキャバクラのことで、基本的なサービス内容については通常のキャバクラと変わりません。夜になかなか遊ぶ時間が取れない男性でも、昼キャバなら思う存分、女の子との会話を楽しめますよ。

キャバ嬢の違い

壁に手を当てる女性

夜のキャバクラと昼のキャバクラを比較したとき、在籍している女の子に違いが見られます。昼キャバは昼間に働けるということで、夜に働けない学生や主婦層が多く在籍している傾向にあるのです。

店舗の探し方

上を見る女性

キャバクラの数はどの地域も多く、ふつうに1軒1軒見ていては時間がいくらあっても足りません。そこで、ポータルサイトを使ってみなさんが必要とする条件で検索をかけてみましょう。

人気記事一覧

指を交差させる女性 「同じキャバクラでもセクキャバや昼キャバは楽しみ方が違う」の人気記事一覧です。

さわれるキャバクラ

壁にもたれる女性

池袋にはさまざまなサービスがあるため、池袋を中心に日々生活している人でも飽きることなく楽しめるエリアとなっています。
昼間ももちろん大勢の利用者が街を行き交っているのですが、夜は夜で居酒屋などが店を開け、活気づくのです。
しかし、夜に盛り上がるのは居酒屋だけではありません。
男性にとって最高クラスのサービスであるキャバクラも賑わいを見せるのです。

キャバクラにはさまざまなタイプの女の子が在籍しており、男性客の好みに合わせて指名することも可能です。
すぐ横に座り、お酒を作りながら他愛ない話の相手をしてくれるわけですから、男性からすれば癒されること間違いなしでしょう。
仕事終わりにキャバクラへ通うサラリーマンは多く、夜のキャバクラ通いをモチベーションに仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

ただ、キャバクラでは女の子へのボディタッチが許されておらず、その点に関しては不満を抱いている男性も多いはず。
せっかく好みの女の子がすぐ手の届く場所にいるというのにも関わらず、おさわりは厳禁なのです。
そこで、ふつうのキャバクラに物足りなさを感じているという方にはセクキャバをオススメします。

セクキャバも基本的にはキャバクラと同じで、お酒を楽しみながら女の子と話をする場です。
唯一違うのは、キャバクラと違って女の子へのおさわりが許されている点。
むしろおさわりすることをメインサービスとしているのがセクキャバなのです。
風俗ではなくあくまでもキャバクラですので男性の「抜き」を意識したようなサービスはありませんが、そこまでのエッチな展開を求めていない男性にはちょうどいいサービスと言えるでしょう。